整理収納

毛皮の敷物も思い切って処分

20131010-213120.jpg

写真の様に毛皮の敷物(ムートンとも言うのでしょうか?)が出てきました。
長い間 押入れの奥にしまって有ったので、裏面はカビ状の汚れが確認出来ました。
お客様も思い切って処分する決断をなさいました。

片付けとは、 今までの生活スタイルを見直して「これからのライフスタイルに合ったモノを身の回りに置く」事でもあります。
“高額だったから””まだ使えるから” と言う方には、「ではいつ使いますか?」を自問自答してみて下さい。

モノに拘るのでは無く、【心地良い生活を送るのに必要な環境】を考えてみる。
如何でしょうか?

2013-10-10

こんな小物も有効活用でモノが活きます

20130928-202140.jpg

ちょっと写真が見づらいかも知れませんが、注目はクリップです。
家内が新聞に掲載された料理のレシピを切り取って調理中です。
キッチンの収納棚の把手にクリッピングして活用しています。

このクリップ 何処かで見たことありません?
スーパーなどで買い物する際に商品のpop広告を挟むツールです。
ご家庭でもこの写真の様に「活かす」事で、モノの存在価値が高まります。

整理収納では整理=不要なものを捨てる と言う事に視点向きがちですが「それぞれのモノの声=製作者の思い」を考えてみませんか?
デザイナーの人は生活に便利な道具として色々なモノを世に送り出しています。

その道具を如何に自分の生活に生かすか? それを活かしてくれたらデザイナーの方も本望だと思ってくれる筈です。

身の回りのモノをジックリ眺めて会話をしてみるのも一考ですよ。

2013-09-28

モノの整理と心(気持ち)の整理

おそうじの仕事と整理収納の仕事
5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)のうちの2つに関連しています。
(*厳密には整頓(=使い易い状態に定位置を決める)、清潔(=キレイを維持する)、躾(ルールを決める)なども進めますので5S全てに関与しています)

今回のお客様とはおそうじの依頼がきっかけです。
6月からお邪魔していますが、お会いして話す時間も増えてくるとお客様からこんなお話が出ました。
”モノを整理しだしたら、自分の気持ちも少しずつ整理出来てきたように思います。
 若い頃から結婚して子供を育て、その成長をみつつ巣立って行った時間。そして夫婦二人の時間。
 モノに執着していたのが少しずつ色んな人への感謝に変わりつつあります。”

嬉しかったですね。
私が目標とする「お客様の楽しい生活を過ごして頂くために【おそうじと整理収納でお手伝い】」に少し近づけた様に思います。
お客様に感謝です。

2013-09-26

整理収納のヒント by IKEA新宮店

20130916-165806.jpg

連休最終日でIKEA新宮店の駐車場も満車状態。で、第二駐車場へ。
店内は親子連れで賑やかな声があちこちから聞こえてきます。
子供達にとっては、絶好の遊び場?

でも高齢者の人達にとっては広過ぎる様です。
今日は敬老の日 何組かのご夫婦も見かけましたが、「若い人達には良かろうばってん自分達には広過ぎて疲れるばっかり。何かグッタリしたね〜」

っで写真は子供部屋をイメージしたコーナーです。
ハードウェアとしては片付け易い感じですが、片付けを習慣化したり目的を教えるソフトウェアも欠かせません。
子供は「親の背中を見て育つ」 小さい時から教えておくと頭と体に浸透するので良いそうです。

2013-09-16

たっぷり栄養補給しました(^o^)

今日はハウスキーピング協会主催の「フォーラム2013」福岡大会に参加してきました。
プレゼンテーションの資料、ストーリー、アドバイザーとしての思い。
どれをとってもさすがにプロ!って唸ってしまいました。

整理収納アドバイザーの認定資格取得者は全国で3万人を超えているようです。
1級~3級までの総計
快適な生活を送りたい 誰だってそう願っていますよね。

その願いや想いを具体化していく方法の一つが整理収納です。
明日からでも始めましょう!
身の回りのモノを片付ける事から始めましょう!

20130915-185618.jpg

2013-09-15

商品の探し方が参考になります

20130910-135140.jpg

毎日使うモノ 例えばサラリーマンなら通勤用の定期券、財布、名刺などなど。
でも携帯やメガネなどは帰宅後もリビングや、自室など色々な場所で使用するのでついつい色んな場所に置きがちです。

朝出かける際に”あれ?メガネ何処だっけ? 携帯の充電忘れてた!”なんて経験無いですか?

日頃スーパーなどで買い物する際に自分の目的の商品が簡単に見つかると楽ですよね。
写真の様に商業施設では、【モノの使われるシーン】などに応じて商品を分類しています。

この写真で言えば、
大分類は、 キッチン 中分類は、スポンジやゴミ袋 にあたります。
また店内のどの辺りに有るかを示す番号がふられています。
これをお家に中に応用するとどうでしょうか?

①毎日使う財布や携帯電話を「仕事に出かける時に必要なモノ」としてグルーピングする
②自分だけでなく家族の人もわかり易い場所を確定する
③繰り返しの習慣をつける意味でも暫くの期間目印を置く

こんな感じで取り組んでみたら如何でしょう。

2013-09-10

こんな収納ツールはいかが?

20130829-203602.jpg

今日はI様の片付けのお手伝いです。

押入れなどの収納スペースに保管されている色々な”モノ”を一旦出して、内容を確認して頂きます。
残す、廃棄する区分けの後、「グルーピング」と「定位置(住所)」を決めて再度収納です。

写真はIKEAに行った際に撮影したものですが、使い勝手も考慮した収納ツールを提案するのも大事な仕事です。
基本的には既にある収納ツールを使用しますが、時には新しく購入頂いたほうが良い場合もあるので情報収集は欠かせません。

2013-08-29

整理収納のツール

今日はIKEA新宮店へ
広い駐車場は満杯。店内も家族連れを中心にお客さんでいっぱいです。

20130814-172739.jpg

一人住まいからファミリー世帯までの間取りを再現し、リビングやキッチンなども色々なツールが展示されています。

住宅展示場のモデルルームもそうですが、実際の生活と異なり”モノ”の数が絶対的に少ない事です。
新しいツールを購入したりする際に注意したい点は、片付け対象のスペースをしっかり把握しておくこと。
商品のデザインなどが気にいっても、購入後使おうと思ったらスペースに上手く収まらない。こんな経験ないですか?

“モノの定位置を決めて使い易い状態で収める”のが大事なので、クローゼットや引き出しの中などキッチリとサイズを測る習慣を身につけましょう。

2013-08-14

片付けの喜び

新しい商品が出るとついつい買ってしまいお部屋の中が片付かない。
靴、衣類、日用品et cetera
お邪魔してみると1LDKの部屋に色々なモノがイッパイ!!
(でも所謂(いわゆる)ゴミ部屋ではありません)

20130724-221632.jpg

素敵で落ち着く部屋のイメージを話し合い、リビングスペースの片付けをお客様と共同作業開始。
写真はご了解を得て掲載してますが、整理・整頓後の収納棚の一つのコーナーです。
バスケットも新しく購入せずに既存のものを使用しています。

「捨てる」ポイントや判断基準などを作業開始前に説明し、ご理解頂いての行動だったので”自分が使うのに使い勝手が良い配置”などもお客様ご自身で決定して頂きました。

今回は3時間のサポートでしてたが、ご満足頂きました。

2013-07-24
PAGETOP