エアコンのドレンホースも点検と交換が必要です。

20140201-182143.jpg

賃貸マンションのエアコンのドレンホースが経年劣化しています。
使用されている材料の材質にもよりますが写真のケースでは機械(エアコン)が設置後10年経っているので、ちょっと触るとすぐ破損してしまいます。

冷房運転時など室内機からホースを通して水が流れてますよね。
蛇腹状なので長年使用しているとホコリやゴミが堆積していきます。
また、室外側は紫外線の影響でホースが劣化していきます。

室内機から伸びているホースの配管にも考慮が必要です。
それは傾斜です。
壁掛け型のエアコンは、室内機のドレンから出てくる水は傾斜に沿って流れるようになっています。
(店舗や事業所内などに設置されている天井埋め込み型の業務用エアコンはポンプで排出する仕組みとなっています)
この傾斜を考慮した工事が為されていないとホースの途中で滞留が発生し、そこからカビなどが発生します。

おそうじ本舗大濠店では作業時には必ずホースからの排水を確認します。
若しホースの交換が必要と判断した場合はお客様への報告と適切な処置を行います。
お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGETOP